債務整理の経験が一度でもある

債務整理の経験が一度でもあると、この先借金は全てNGというわけではありません。

事故情報がブラックリストから抹消済みなら再度お金を借りられなくはありません。

ですが、任意整理中の身でさらに借りようとする事は最も控えるべき行為です。
借りられる見込みがそもそも少ないことと、それを担当弁護士あるいは司法書士に知られた暁には、もしかすると担当を辞されるかもしれません。多重債務者の中には、重度のうつ病が多重債務の要因になったというケースも珍しくありません。

仕事に行けずに、返済ができなくなったり、生活費を工面するために借入を繰り返した結果、債務が膨らんでいたとは、なかなか言い辛いことですから、辛い思いを一人で抱え込みやすいと言えます。

ですから、病気が悪化しやすいという指摘もあります。
新たに借金をする時や、カードを作成するときの審査に当たって判断材料となるのが個人信用情報で、そのデータには以前債務整理をしたという記録も残っています。

これがある間はいわゆるブラック状態でカードを作ったりローンを組んだりすることは出来ないと思った方が良いです。

個人信用情報におけるこの記録の扱いは、自己破産の時は法的に免責許可が確定した時を基準とし、その他の債務整理を行った場合は残債の返済が終わった時点を基準に、5年程度は少なくとも消えることがありません。
債務整理の手続きは複雑で時間がかかるものなので、短くとも数ヶ月は終わらないでしょう。

とはいえ、この期間中は延滞損害金や金利が付くことはないです。なお、個人再生や任意整理の手続きを取った場合は、まだ返済可能だと判断された債務が残っています。

残った債務は金利がかかりませんが、仮に返済日を遅れてしまうようなことになると、延滞損害金が発生しますし、場合によっては一括での返済を求められるケースもあるためきちんと返済するようにしてください。

借金がだんだん多くなり、もう自分では返せない場合に、債務整理を実施します。

返済不可能なほどの借金がある人は弁護士事務所や司法書士事務所に行って相談してみましょう。そして、あとは裁判所で、弁護士と債権者、裁判官が解決策を話し合います。月にいくらなら返済可能かなどを検討し、その後の毎月の返済額が決定されます。

債務整理をしても生命保険をやめなくて良い場合があるでしょう。任意整理を実行しても生命保険を解約する必要はないのです。注意すべきなのは自己破産の時です。

自己破産をするとなると裁判所から生命保険を解約するように命じられることがあります。債務整理に掛かるお金というのは、方法によっても大きく違いが出てきます。
任意整理の場合のように、会社の数に応じて安めの料金で利用できる手段もありますが、自己破産の場合のように、かなり高額な料金を支払わなくてはいけないものもあります。自分自身で費用を確認することも重要です。債務整理をするにあたっては、債権者への支払いが済んだ借金の過剰に支払っていた利息を返還請求できる「過払い金返還請求」があります。過払い金返還請求に際しては、以前に借り入れをした金額が確認できるような取引履歴の書類がなくてはいけません。

これまでの取引履歴を確認することにより、利息がいくらなら妥当なのかがわかるため、払う必要のなかった利息を返してもらうことができます。認定司法書士というのは法務大臣の認定を受けた者で、この認定がなければ自己破産や任意整理などの債務整理は扱えないことになっています。

料金は弁護士より若干安いようですが、司法書士の場合、任意整理だと債権者1人につき借金の合計額が上限140万円までという制限があります。
司法書士と弁護士の差で特徴的なのは代理人です。自己破産や個人再生では弁護士が債務者の代理人になれるのに対し、認定司法書士でも代理人にはなることは原則としてできませんので、債務者自身が裁判所に行き、やりとりも自分でしなければいけません。

どういった種類であれ債務整理を行えば、JICCやCICなどの個人信用情報に記載されるのは間違いありません。それにより今後しばらく借金は出来ません。いわゆるブラックリストです。

既に所有しているクレジットカード等も使えなくなります。

つまりクレジットカードを持てない状態ですから、新規でカードを作ろうとしても審査落ちするでしょう。一方、既に契約している債務の場合、個人再生と任意整理では債務は保持されていますので、支払いそのものは継続します。
住宅ローンの返済が困難にならないために

Published by