私は色々な消費者金融から

私は色々な消費者金融から融資を受けていたのですが、返済できなくなってしまい、債務整理をせざるを得なくなりました。債務整理のやり方も色々あり、私が利用したのは自己破産でした。

自己破産すると借金が清算され、気持ちが楽になりました。
非常に生活が苦しく債務整理の相談を検討しているけれど、どうあっても自分が弁護士事務所に入っていくところを目撃されたくない。

それか事務所に足を運ぶのは忙しくて無理だという場合は、メールによる相談ができる事務所もよく見られます。

やり取りするのに直接や電話に比べて時間を要しはしますが、いつでも人目を気にせず行えるため、何よりも気を張らずに相談することができる方法ではないでしょうか。債務整理とは借金を整理することの総称で、その方法は任意整理や特定調停、あるいは個人再生や自己破産といった種類があります。

中でも、任意整理が選ばれることが多く、これは手続きが簡易で裁判所を通さなくて済みますし、手続きが終わるまでの期間が短いというメリットがあります。

弁護士や司法書士が送った受任通知を業者が受領すれば、業者からの催促の電話や郵便もストップします。

その他の債務整理では、裁判所を通して手続きを行う必要があります。
取扱実績は最近では減っているものの、特定調停と呼ばれる債務整理があります。交渉の間に入るのは裁判所なので、任意整理とは少し違います。
手続き時点で返済が必要な借金があり、その上で払い込み済みのお金で過払い部分があるときに選べる方法です。
過払い金の返金が気になるでしょうが、特定調停以降に日を改めて過払い金請求をする必要があります。この請求はまだ相手に借金しているうちは出来ません。
すべての債務を返済しおわってからとなります。弁護士か司法書士かを問わず、あらかじめ債務整理の依頼を請け負う場合は担当者本人が絶対に個別に債務者と面談を行わなければならないとして、債務整理事件処理における規律についての規定を日弁連が発表しています。メールや電話で先に話を聞いてもらう事はできるものの、面談を会って行わないで弁護士や司法書士が依頼を受けたなら、日弁連規定の面談義務を果たしていない事になります。

借り入れ時に保証人を設定していると、債務整理で保証人にも影響が及びます。
債務整理を行った方法によってその影響は変わり、まず任意整理や特定調停においては書類の記入が必要なだけで保証人は請求を受けません。

一方、個人再生や自己破産の時は、保証人に対して債権者から直接請求が出来るようになるため、請求された全額の支払いを保証人が代わりに行う必要が生じます。
弁護士もしくは司法書士に債務整理を引き受けてもらう時、用意するものがあります。それは、はじめに、身分証明書と印鑑、利用中のクレジットカード、そして借入の現況が確認できるものをなるべく多くです。
さらに、保有している資産についての証明書を求められることがあります。

仮に契約書が残っていないとか、クレジットカードが出てこなくても、調べられないことはないので諦めないでください。

個人再生や任意整理といった債務整理では、債務を減額してもらう交渉をするのであり、同じさいむ整理でも自己破産とは違って、減額後も残った借金を返済する必要があります。もし、この返済が滞ると、やっと取り付けた和解内容が破棄され(個人再生では再生計画の取消)、当然ながら遅延利息を含めたすべての債務を一括で返すように要求されることもありますし、強制執行なんてことにもなりかねません。

和解や再生計画の内容は守らないと、悔やんでも悔やみきれない事態になってしまいます。

債務整理をしたことがあるという記録は、かなりの間、残ります。

この情報が消えない間は、借入ができないのです。
情報は年数が経てばいずれ消されますが、それまでは誰もが見ることができる状態で残されているのです。

俗に言うブラックリスト入り(事故情報が信用情報機関に記載されること)と、自己破産、もしくは、個人再生の場合は官報に個人情報が載ってしまうことが債務整理から受ける悪影響の一つでしょう。
と言っても、いくらか時間が経てば事故情報の記録は消去されますし、日頃から官報を確認しているような人は極めて少数です。それと、借金時に保証人となった人がいる場合はその人にとってかなりの厄介事となる恐れがあります。
仮に独り身の時に債務整理を経験し、現在もブラックリストから外れていない人は、結婚したからといって金融機関のローンが利用できるようになる訳ではありません。金融機関が審査を行う時には名前はもちろん、生年月日やその他の個人情報を参照してブラックリストを確認します。

つまり、名寄せを行っています。
ですので、結婚で苗字だけが変わってもブラック状態は続くと思っておいてください。

その利便性の高さから、つい使い過ぎてしまうクレジットカードですが、返済能力を超えた場合、支払期日までに返済金を用意できないかもしれません。仮に一括でお金が引き落とせなくなったら、リボ払いで支払いを続けていくことになります。

しかし、この返済方法でも支払いが滞ることが考えられます。

こうなってしまうと、精神的にも追い詰められてしまいますから、増えすぎた借金をさいむ整理で解消し、返済を楽にしましょう。もし自己破産による免責を受けたあとや、その他のさいむ整理を行ってからでも、医療保険、生命保険といった保険の加入は本人の望むように行えます。
保険や共済といったものは申し込みの際に信用情報の照会をする保険会社はないですし、どのような債務整理をしようと、保険会社がそれを知ることはないわけです。生命保険の加入は保険料の支払いさえあれば可能なので、債務整理の影響を受けることはないのです。
借金を返済する弁護士とは

Published by